江原啓之の書籍を徹底紹介します。



江原啓之の365日スピリチュアル・メッセージ―2006年度版ダイアリー |江原 啓之

江原啓之の365日スピリチュアル・メッセージ―2006年度版ダイアリー江原啓之の365日スピリチュアル・メッセージ―2006年度版ダイアリー
江原 啓之
講談社 刊
発売日 2005-12
価格:¥1,200(税込)




自分が成長できた本 2006-06-23
江原さんのことはテレビで知っている程度で特にファンではありませんでした。でも、このダイアリーがあると知り、なぜか急に欲しくなり購入しました。

1月は書店で人気で売れ切れだったため、実際に手にしたのは2月でした。

始めに江原さんによるこの日記の使い方が載っていてとても分りやすいです。スピリチュアルな法則、10年後の自分に宛てた未来日記、心理テストのようなものが最初に載っていて、それらをやることで前向きになれます。そしてメインは白紙の1日ごとの日記です。そこは自分で自由に書けるようになっています。毎日江原さんのコメントが横に載っているのですが、それがとてもためになります。人として行って当然のことが諭されていたり、気の持ち方が毎日一言ずつ書かれています。悩んでいる時に、白紙の部分に悩みを書いて、江原さんのコメントを見ると、自分の気持ちも整理できて、すごく前向きになれます。そして

日々感謝する気持ちを忘れていたので、それを実行したところ、運が向いてきたような気がしました。いい彼氏も出来ました。

もう6月ですが、将来のことで真剣に悩んでいたり、ネガティブな感情になりがちな人は、今から買っても遅くないと思います。確かに本としては少し割高ですが、お勧めです。




■続きを読む


この記事は2006/7/20に作成しました。

【江原啓之の経歴】
1964年生まれ。スピリチュアル・カウンセラー。世界ヒーリング連盟会員。

和光大学人文学部、國學院大学別科神道専修II類修了。 武蔵野音楽大学パルナソスエミネンス特修科、声楽専攻を修了。

バリトン歌手として、菊池英美、吉池道子、ヴィットーリオ・テッラノーヴァの諸氏に師事。 2000年、武蔵野音楽大学特修科修了演奏会では、ヴェルディ、ロッシーニを中心としたプログラムでバリトンを披露。 滝業、修験道の修行を重ね、北澤八幡神社に奉職。

1989年、イギリス留学で学んだスピリチュアリズムを取り入れる。

2001年刊行の『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』が70万部を超えるベストセラーとなり、一躍人気作家となる。

2002年「La strada~イタリアへの道」をムジカーザで開催。

2004年「江原啓之バリトンリサイタル」を王子ホールにて行う。

2004年12月には、デビューアルバム『スピリチュアル ヴォイス』、2006年3月にはセカンドアルバム『スピリチュアル エナジー』をリリース。